いす取りゲーム

私が犬を2頭飼っていることを知っている人もいるかもしれない。そこで、ときどきはこのブログにもこの2頭がどんな暮らしをしているのかを書いてみようかと思う。

体重5キロくらいのシーズーの雌が2頭いるのだが、基本的に1日の大半をごろごろして暮らしている。さて、このごろごろする場所が問題だ。畳や床の上ではどうも気に入らないらしい。今の季節ならば涼しいところがよい。できれば外が見える窓際がよいらしい。

部屋の中にはわんこがごろごろするのに使ってもらおうと、わんこ用のベッド(睡眠用にも使っている)と、もう古くなってしまった座椅子がおいてある。あと、私が座るのに使っている座布団がある。これが全部そろっているときにはわんこも人間もちゃんといる場所が確保される。

ところが、洗濯の都合だとかでそろっていないと大変だ。私は飼い主なので負けることはないが、わんこがいす取りゲームを始めることになる。1匹がわんこベッドに寝ている。そこにいすを探してもう1匹。私がちょっと席を外すと即座に座布団にやってくる。わんこがトイレに行ったとき、もう1匹のわんこが空いた席ををねらってやってくる。結局一つの椅子を2頭で使うことになるのだが。

わんこは眺めているだけでもなんとも楽しい。

「いす取りゲーム」への1件の返信

  1. 本当だね、うちにもどうしようもないのが一匹いるけど、とても癒されてます。散歩は飼い主の頭にもいいらしく考えが詰まってるときかなり効果的です。
    今日は15mでの1stQSO TNX

コメントは受け付けていません。