プロフェッショナル 仕事の流儀

NHKで火曜日の10次から放送されている番組である。『プロジェクトX』終了後に始まった番組だ。この二つの番組を見ていて気になったことがいくつかあるので書いてみよう。

女性が取り上げられない
めったなことでは女性は取り上げられることはない。これじゃ女性は社会に貢献していないみたいじゃないか。世の中にはプロフェッショナルの女性はそれこそ山のようにいる。ターゲットにしている視聴者が男性なのだろうか?
常識的な労働時間ではない
ここに登場する人たちは、常識的な労働時間を遙かに超えて働いている。それをプロフェッショナルというのだろうか?そういうつもりは制作者にはないのかもしれないが、「もっとがんばれ、もっとがんばれ」と言われているように見えるのは私だけだろうか。毎日8時間の労働で最大の成果を上げている人を取り上げてほしいものだ。

この番組を見て、素直に力をもらっている人も少なくはないだろうから、きっと番組そのものはよくできているのだろうなと思う。ただ、ちょっとだけ気になるのだった。

「プロフェッショナル 仕事の流儀」への1件の返信

コメントは受け付けていません。