Raspberry Pi 400買ってみた

なにものか?

まあ、パソコン買いましたよっていうあんまり情報量のない記事である。
買ったのは、
Raspberry Pi 400日本語版キット
である。他には何もいらない。

サイズ感としてはテンキーのない外付けUSB キーボードと言ったところか。こんなものがPCというのだから驚きである。

んでもってセットアップ

なんの情報にもなっていない記事だと寂しいので、スクリーンリーダーを入れるまでの手順をざっくり書いておく。って書き始めたらざっくりじゃなくなった、タイトル変えたほうが良いくらいになったな。

用意するもの

Raspberry Pi 400にはヘッドフォン端子がない。通常はHDMI接続されたテレビから音が出るので問題にならないが、しばらくはテレビを接続しない状態で使うかもしれない。そういうときは、USB接続のヘッドフォンがあると便利である。私はたまたま持っていた DragonFlyを接続した。

セットアップ中インターネットに接続したい。まだWi-Fiの設定はできていないので、とりあえず有線で接続する。

GUI画面だけでなくコンソールも使いたいかもしれない。音声でも使えると思うが、自分は点字ディスプレイを持っているのでこれを接続する。

OSのインストール

このキットにはOSがインストールされたSDカードが付属する。が、OSバージョンが一つ古かった。また、32bitのOSがインストールされていた。追加でインストールされているソフトもあるだろうから、これはこれでそのまま持っておこう。

ということで、新たに64GBのSDカードに、最新の64bitOSをインストールした。使ったのは、Raspberry Pi OSである。

公式サイトで配布されているSDカードの書き込みツールで書き込んでも良いし、
OSイメージを直接ダウンロードできるページ
からダウンロードして書き込んでもよい。全部入った”Raspberry Pi OS with desktop”をダウンロードする。

入手してきたSDカードのイメージをディスクに書き込む。

とりあえずリモートログインできるように設定

以下、Macのコマンド。

$ touch /Volumes/boot/ssh
$ diskutil umount /Volumes/boot

こいつをRaspberry Pi 400に挿入して電源ケーブルを接続する。

スクリーンリーダーのインストール

OSが起動すると、”To install the screen reader, press Ctrl+Alt+Space.”という音声が聞こえるだろうか。これに従って、Raspberry Pi 400のキーボードで上記のキーを押す。ところが?!反応がない気がするぞ?!

ということで、コンソールからのスクリーンリーダーのインストールは諦める。

ログインしてOSを更新

別のコンピュータからリモートログイン。

$ ssh pi@raspberrypi.local
password: 

ログインできたかな?パスワードは”raspberry”だ。

続いて、OSを最新に更新する。

pi@raspberrypi:~ $ sudo apt update
pi@raspberrypi:~ $ sudo apt full-upgrade
pi@raspberrypi:~ $ sudo apt autoremove
pi@raspberrypi:~ $ sudo apt clean
pi@raspberrypi:~ $ sudo shutdown -r now

再起動したはず。もう一度ログイン。

スクリーンリーダーをインストール

pi@raspberrypi:~ $ sudo apt install brltty orca
pi@raspberrypi:~ $ sudo shutdown -r now

再起動!すると?!Raspberry Piが喋りだしただろうか。Raspberry Piのようこそ画面が表示されたはず!スクリーンリーダーでの読み上げも行われているだろう。

本体のキーボードを使って設定を進めていく。言語設定だが、地域も言語も日本で良いと思う。その後にある「初期設定の言語の代わりに英語を使うか?」というチェックボックスにチェックを入れておく。これを入れておかないと、スクリーンリーダーが読み上げできなくなって悲しい思いをする。

その後は、パスワードを設定して、Wi-Fiの設定をして、一応OSのアップデートを確認して、基本的には終了である。

その他の設定

どう運用するかにもよるが、私が考慮する設定を書いておく。CLIからもGUIからも同じ設定ができる。

CLIならばraspi-configコマンド、GUIならばPreference→Raspberry Pi Configurationと進む。

  • そもそもGUIで起動するかCLIで起動するかの設定
  • 特定のユーザーで自動ログインするかどうかの設定
  • どのインターフェースを有効にするか、GPIO, I2Cくらいは有効にしておいたほうが楽しい

もしCLIで起動するようにしたとき、ログインが完了してプロンプトが表示されたら、なにかサウンドが鳴ってお知らせしてくれると便利だ。

pi@raspberrypi:~ $ echo "aplay -q /usr/share/sounds/sound-icons/prompt" >> ~/.profile

とかしておくとよい。

GUIの起動

CLIで起動していてGUIを起動するには、本体キーボードから、

pi@raspberrypi:~ $ startx

でOK。

“Screen Reader On”とか喋っただろうか?!まあ、使い方がわからない!

どうやらWindowsキーを押すとメニューが表示される。なんかWindows使うみたいに操作するとなんとなく使えるようだ。

ということで、一応動くものになった。まだまだ環境設定は必要である。

2件のコメント

  1. OSの書き込みツールですが、mac版はわかりませんが、windows版はNVDAで問題なく使えています。

  2. 情報ありがとうございます。なんせ、私の環境、WindowsでSD使えないのであります。

コメントは受け付けていません。