ベートーベンの交響曲全集

最近、ナクソス・ミュージック・ライブラリーに入会した。この入会に関してはそのうち書くとして、このライブラリーを聴いていて見つけてしまったディスクのレビュー。 ご存じの方もいらっしゃるかもしれないが、私はクラシックをそこそ …

奥華子 『BIRTHDAY』

4枚目のオリジナルアルバムがようやく?発売された。とりあえず購入。 彼女自身もブログに書いているように、よく作り込まれたアルバムだなと思う。サウンドもこれまでのアルバムとは比べられないくらい豪華だ。 曲もなかなか粒がそろ …

カーペンターズの日

今日はカーペンターズの日なんだそうだ。四〇年前の今日、カーペンターズが始まったのだ。で、4月22日がカーペンターズの日なんだとか。そういえば、朝からいろんなラジオ局でカレンの声が聞こえている。 わたしもたった一タイトルだ …

火の鳥

とりあえず【黎明編】は観た。とにかく1話目からいきなり引きつけられる。命と欲望、命と権力。そんなことをいきなり突きつけてくる。 『火の鳥』は手塚治虫の未完に終わった漫画だ。なにしろ物語が壮大だ。5回くらい観ないといろんな …

Gontiti VSOD

先週、ようやくこのアルバムを購入してきた。昨年Gontitiは結成30周年を迎えた。これにあわせる形でアルバムが発売されている。といってもベストアルバムだったりはしない、通常のオリジナルアルバムだ。 「very spec …

フランダース・リコーダー・カルテット 『フランダースの笛』

今月1枚目。このディスクは購入してからもう8年くらいにはなるだろうか。名前が示すように、リコーダー4人の演奏。聞いていてとても楽しい。 1曲目に入っている『カプリオール組曲』は、現代曲だがとっても聞きやすく楽しい曲だ。最 …

笛の楽園

17世紀半ば、教会の庭でリコーダーを吹いてみんなに聞かせている人がいたらしい。名前をエイクと言う。当時はやっていた歌を自分でアレンジして演奏していたのだろう。彼は カリヨン も演奏していたらしい。 そして、彼の即興演奏を …

音楽の普遍性『檸檬』・『スヰート檸檬』遊佐未森

はて、年に何枚のいわゆるカバーアルバムが発売されているのやら。カバーアルバムのシリーズを出している人もちらほらいる。槇原敬之とか徳永英明など。夏川りみのディスクもちょっと話題になった。 さて、紹介しているのは大正から昭和 …

Reflections 寺尾聰

ある一定以上の年齢の方ならば、このアルバムを持っている人もいらっしゃるのではないだろうか。私がこのアルバムを聴いた(はずの)年齢は8歳くらいだったろうと思う。彼の大ヒット曲『ルビーの指環』が収録されたアルバムである。 …

ライブ版のクオリティはどうだ? 遊佐未森のライブDVD

先日遊佐未森さんのライブDVDが発売された。高校生の時に後輩が聴いていたのでこの人の雰囲気は知っていた。社会人になってもときどき出会っていた。最近オークションやらでアルバムをそろえてみたのだ。不思議な透明感のあるボーカル …