電線病

コンピュータを仕事にしていたり趣味にしている人はあまりこの病気にはかからない。「Connected症候群」という別の病気があるがこの電線病にはあまりかからないようだ。

ところが、ミュージシャン・オーディオ関連の仕事をしてる人・音楽が趣味な人やオーディオが趣味な人は電線病にかかってしまうことがある。特に趣味なひとは危ない。一度かかってしまうと治癒するのはこんなんで、多額の治療費がかかることも珍しくない。

症状はいたって簡単で、電線をオーディオショップで買い続けてしまうことだ。最初は千円くらいから始まる。そのうち5千円になり1万円になる。重傷者は数十万円もする電線を買ってしまう。それでも収まらずまた買ってしまうのだ。もうこうなると他人が治療してやることはほぼ無理だろう。

治療方法は、自然治癒するまで電線を買い続けさせるか、患者からオーディオの機材とそれに関するものをすべて取り上げてしまうことだ。だが、取り上げてしまうと副作用が強くお勧めできない。できれば患者が安心するような電線を与えるのがよい。

ほらほら、そこのオーディオファンのあなた!電線病にかかってはいませんか?(笑)

さて、ここまで読んで「なんのこと?!」と思われた皆様にすこ~し説明をしておこう。ちょっと大きな電気店のAVコーナーを除いてみよう。○○カメラとかで十分だ。オーディオコーナーの一角に電線(オーディオケーブル)を売っている売り場がある。例えばビデオデッキとテレビを接続するためのケーブルも、数百円から数万円までのものが売られている。スピーカーを接続するようなケーブルも似たようなものだ、安いものは1mで100円から、高いものは1mで10万を超えることも珍しくない。そして、その両者には歴然とした音質の差があるのだ。どちらが良いというのではない、差があるのだ。

さて、この音質の差に悩まされてしまう病気が「電線病」である。極端なことを言うなら手に入る全てのケーブルを試さなければ直らないから恐ろしい(笑)。趣味というのはほどほどにしなさい、ということだろうか。

えっ?私は病気かって?自己診断をするならば、たぶん初期症状ではあろうな。とりあえず必要のないものは購入しない。買うときにはそれなりに高価になってしまうことがあるのもまた事実だが…。

「電線病」への4件の返信

  1. 電線病はコネクタ病も併発する事が多いことに気をつけよう。

  2. えっ?ロジウム鍍金のコネクターを買ったりする病気?
    で、この電線病は、伝染することがあるから恐ろしい。ほらほら、雑誌から感染したりしてませんか?

  3. お主のオーディオ歴からすると遅いほうでは。とっくに治癒したものと思っていました。線ではなく導体がいいと言っていた人がいました。そっか良い悪いを別にして音が変わるんですね。なるほど。

  4. 電線病にかかるほど資金がなかったということでしょうかね。なので、大人になった方が症状は重くなるんじゃないかと思ってます(笑)。
    はい、音が変化します。もちろん望ましい方向に変化するケーブルが良いケーブルと言えましょうが、それぞれちゃんと特徴を持っているようです。
    まっ、病気なのでほどほどにということで…。

コメントは受け付けていません。