ジョン・ダウランド

いつの時代にも流行歌というものはあるものだ。このディスクは4百年以上前の流行歌。要するにラブソングというわけだ。歌っているのはイギリスの歌手、エマ・カークビーという人。 なんという透明感のある歌声だろう。暖かく包み込まれ […]

ウィンブルドン

今年もこの季節がやってきた。実は私はスポーツ観戦をするのはそこそこ好きである。格闘技にはあまり興味がないが、それ以外はほとんど観戦する。と言うわけで6月はウィンブルドンの月なのだ。 昨日の日本人中村藍子選手はストレートで […]

ブラッシングはどうも…

わんこが1匹いすの上でうとうと。そこにブラシを持った飼い主がやってきた。「やばい…、ブラッシングの時間かも…」と思ったわんこ、こっそり逃げようとするがやっぱり捕まってしまう。こうなったらしょうがない、しばらくおとなしくつ […]

スコット・ロスのパルティータ

アメリカ生まれのチェンバロ奏者、 スコット・ロス(Scott Ross) のCDを買ってきた。以前からこの人のディスクはいくつか持っているのだが、どれもすばらしい演奏だ。買ってきたのは バッハのパルティータ だ。純粋にク […]

Liadan

今年のアイリッシュ音楽関連でのもっとも大きなコンサートといえばチーフタンズの来日だろう。明日の講演が最後となる。残念ながらちゃんとチェックしていなかったので、今回はチーフタンズのコンサートには行けなかった。 さて、彼らに […]

げげっ!

ひょんなことから私のウェブサイトがとある雑誌に掲載されてしまった。ということでものすごく久しぶりに全体をざっくり眺めてみた。いやはやひどいもんだ。「クローズします」と宣言して書くことを止めてしまった部分もあるのだが、それ […]

私の好きな人

好きな女性のタイプを書きたいのではない(笑)。ここ最近巡ったウェブサイトの中で、私の「感性」に触れてきたものを列挙してみることにする。リンク集にはなっていないのであしからず。 新しい創傷治療 『mimori yusa&# […]