ごろごろさんは怖いのだ

今日は夕方から雷が鳴っている。さっきまで激しい夕立だった。

さっきから、私の周囲50センチ以内にわんこが張り付いているのだ。張り付いていないと思ったら部屋中をぐるぐる歩いている。どうやらこの2匹は、「ゴロゴロ」が怖いらしい。人間が雷に気がつくよりずっと早くから要すが変化する。なんの違いを感じているのだろうか。

そういえば数年前、久しぶりに犬を連れて実家に帰省したときのこと。すごく偶然に姉の出産の日に重なった。夜の11時頃、とりあえず姉と母親は病院に行って、私とわんこ3匹(実家にいたものすごくでかいシェパードと私の犬2匹)で留守番となった。そうこうしているうちに雷がはげしくなってきた。でかいシェパードが家中を走り始めたのだ。体重60キロが走っているところを想像してほしい。で、2匹目もクンクン言いながらシェパードと一緒に走っている。3匹目は私にぴったりくっついて離れない。「おまえら~!夜中なんだから寝てくれ~!ただでさえ寝るわけにはいかないんだから、今は寝ててくれ~!」と言ってはみるものの「んなのゴロゴロさんは怖い~!」と言われているかのように犬どもは走り続けている。

さて、みなさんの家の犬はやっぱり雷は怖がっているのだろうか。。。

「ごろごろさんは怖いのだ」への2件の返信

  1. ごろごろは私もキライです。
    シーズーがこわいよ〜って寄り添ってくるのは
    かわいそうだけど、なんとも可愛いね。
    うちのワンはごろごろは平気みたいデス。
    それにしてもシェパードって60キロもあるのね。
    うちの7キロの愛犬に抱きつかれても私はよろけてます。
    60キロ爆走、想像絶します。

  2. こんばんは。
    今日も2匹は微妙に近くにいる、という状態でした。
    そうなんです、実家にいたシェパードはでかかったです。しっぽを振るとテーブルの上のものを落とすんじゃないかっていう感じでした。写真あるかな~、今度帰省したら探してみようかな。

コメントは受け付けていません。